Mac de 農業

2008年02月19日

ペレットストーブ導入

pellet20080219-1.jpg  町内の花農家にペレットストーブが導入された。  ストーブ本体は全額補助で賄われ、3年間の試験稼働を行うという。メーカーは異なるが、昨年の秋に見た機械からかなりスマートになっている。 価格は270万円ほど。同カロリーの灯油暖房機の9倍である。    恐竜の時代に閉じこめた二酸化炭素を大気中に放出する化石燃料と異なり、木質燃料を使うペレットストーブは、現代の二酸化炭素を吸収して育った植物を原料にしているため、二酸化炭素を増加させない(カーボンニュートラル)。地球..
posted by Yusaku at 18:04

2008年01月24日

役所巡り

 今日は書類を提出するために近隣の役所を巡ってきました。 tsukigata.jpg まずは地元の月形町役場。  ロビーにはペレットストーブのデモ機が稼働し、サケの稚魚が水槽で泳いでいました。
mikasa.jpg つづいて、三笠市役所。  古い木造の感じが炭坑で栄えていた頃を彷彿させて趣を感じました。
iwamizawa.jpg これは岩見沢市役所。  税務コーナーには申告書の記入を待つ人で混んでいました。  ここでもサケの稚魚が水槽で泳いでいました。
sorachi.jpg 道庁の空知支庁。  一般の人が訪れることはあまりないので..
posted by Yusaku at 18:44

2007年10月30日

ペレットストーブの見学会

pelletheater1.jpg pelletheater2.jpg  今日はペレットストーブの現物を見るために旭川へ行ってきた。役場と農協の職員、生産者数名、それに月形にある木質ペレット工場の社員が参加した。    現物は温風ヒーターを想像していたのだが、見せてもらったのは温湯ボイラーだった。  ボイラー本体の大きさはほぼ想像通りの大きさであったが、それに付属する配電盤や排気のファン、煙突部分を総合するとかなり大がかりな設備であった。  デモ機であることを考慮しても、現状の灯油式の温風ヒーターに比べ、4〜5倍の設置面積が必要..
posted by Yusaku at 21:34

2007年10月15日

秋も深まって・・・

 暖かかった10月上旬までとうって変わって、冷え込みが強くなってきた。山では雪の便りが相次ぎ、道東では初霜、初氷を記録したところもあった。  月形の今日の最低気温は1度台。明日はひょっとしたら氷点下になるやもしれない。雪虫の飛ぶ姿も見られたので、降雪も例年通りの時期にありそうである。  燃料費が高騰する中、どの農家も暖房代が懸念材料だ。こうなると冬の栽培を中止したり、暖房温度を下げたりするところも当然見受けられる。  月形ではペレット工場の誘致を行った関係で、ペ..
posted by Yusaku at 23:59