Mac de 農業: キク

2009年07月11日

芽かき始まる

090711.jpg

 お盆向けの輪菊「岩の白扇」の芽かきが始まりました。
 エスレルで花芽抑制していた時は、花芽分化のピークが山形に分布していましたが、電照抑制の場合、いきなりピークの感があります。

090711-1.jpg 090711-2.jpg
 この日の芽かき分は8月の1週目の出荷分です。
posted by Yusaku at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

お盆出荷終了

2008mum1.jpg  →   2008mum2.jpg

 お盆用の輪菊の出荷がほぼ終了しました。
 燃料費高騰からくる作型の変化と7月の高温の影響で今年の菊は品不足になり、近年にない高単価で推移しました。

 一般的に花は高温時には、咲く方向に行きますが、菊の場合はしっかり閉じてしまって咲かなくなってしまいます。また、岩の白扇という品種は、本州では8月9月開花の作型では奇形花が発生してしまい、秀品率が下がってしまうようです。

 今年はともかく、来年以降は燃料費高騰の影響から、この時期の作型が増えることは十分予想されます。
 問題は高温による奇形花の回避と開花遅延をどう克服するかですが、北海道であれば、この時期でも奇形花はほとんどでませんし、開花の遅延も見られません。
 ただし、雪融け時期と定植時期が重なっているため、積雪の多い年だと定植が遅れて草丈が取れないこともあります。


 今年は人手不足で、菊にほとんどの時間を取られてしまいました。これからは、今後出荷予定の菊の芽整理と、その他の花達の管理作業に時間を割いていきます。


posted by Yusaku at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

輪菊(岩の白扇)圃場視察

 今日は柳田常務を初めとする札幌花き園芸のお二方と金山組合長、農協職員で菊の圃場視察を実施した。
 お盆を前にしての恒例行事で、今年の作柄と出荷目安、他産地の状況を把握していく。

 菊農家は今年1軒減ってとうとう3軒になってしまった。多い時は30軒近くいたという話しだから、隔世の感がある。

 地元で販売できる数少ない商材なだけに、コストアップで苦しい現代では貴重な品目だ。
 ただし、今までは苗作りを自前で行っていたが、暖房費やその他の経費を考えると、苗の購入も検討していかねばならなくなってきた。

 今後は、本州の産地も、暖房費の掛からない物日としてお盆はねらって来るであろうから、厳しい選択を迫られるかも知れない。
posted by Yusaku at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

輪菊の収穫始まる

20080728.jpg

輪菊(岩の白扇)の花切りが昨日から始まりました。
これから日々倍増していきます。
出荷は木曜日かあるいは週明けかな?
posted by Yusaku at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

菊の据置栽培

080515.jpg

 輪菊(岩の白扇)の据置栽培を今年も行っている。切り下株を雪の下にして、融雪後にビニールを掛けて生育させる。

 今年はやらないつもりだったのだが、雪融けが早かったため残しておいたところ、順調に生育してきたので、そのまま栽培することにした。
 太くて頑丈な株が伸びてきている。
 
 現在、草取り中。これが終わるとネット張りになる。
posted by Yusaku at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

電照の白熱球を電球型蛍光灯へ替えました

20080509-1.jpg 20080509-2.jpg


 輪菊(岩の白扇)の電照用の電球をそれまでの白熱球(60W)から電球型蛍光灯(12W)に切り替えました。

 消費電力は5分の1と圧倒的に蛍光灯の方が少ないのですが、電球の値段が1000円以上と高価だったため、なかなか替えられずにいました。しかし、安価な蛍光球(300円)を偶然見つける事ができたため切り替えることにしました。

 消費電力だけでなく、耐久時間も向上していて、白熱球1000時間に対して蛍光球は6000時間と6倍にもなっています(最も高性能のものは耐久時間10000時間、消費電力10W)。ただし、蛍光灯は点灯回数にも限界があるようなので、何度も点灯させるような状況では寿命が短くなるようです。

 しかし、電照で使う分には1日1〜2回の点灯しかないので問題にはならないでしょう。それよりも付け外しや保存時の破損の方が心配です。
posted by Yusaku at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

菊のべたがけを剥がす

20080502-1.jpg 20080502-2.jpg

 直挿ししていた輪菊(岩の白扇)のベタを剥がしました。

 今日は24.9度、今年の最高気温、7月下旬並です。
posted by Yusaku at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

輪菊(岩の白扇)定植

20080415-1.jpg 20080415-2.jpg

 昨日準備したハウスに盆出荷用の輪菊の岩の白扇を定植しました。
 うちは直挿しという未発根苗を圃場に挿すだけなので、扱いも容易で短時間で済みます。
 また、断根など根にストレスが掛からないので、移植苗に比べて生育も順調に進みます。

 自家採取した挿し穂を冷蔵庫に保存しておき、水揚げした後に圃場に挿していきます。
 挿し終わったら土壌潅注を行い、上からべたがけをして乾燥を防ぎます。
 この時期なら発根が済むのに2週間〜3週間ほど。ベタが剥がせるのはGWくらいになります。
posted by Yusaku at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

菊定植準備

20080414-1.jpg 20080414-2.jpg

 今日からパートさんが来てくれるようになり、さらに仕事はスピードアップ。
 10日を過ぎてやや風の強い日が続いています。

 今日は菊の定植(直挿し)の準備を行いました。
 バガスとココピートを入れ、耕起して灌水設備を設置。
 
posted by Yusaku at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

菊の苗取り

20080331.jpg 20080331-1.jpg

 盆出荷用の輪菊「岩の白扇」の苗取りを行いました。
 取った苗は定植まで冷蔵処理することで、定植後の伸長促進効果を発揮させることができます。
posted by Yusaku at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

菊の株入れ終了

菊の株入れ

 菊の株を越冬ハウスに移す作業が完了した。
 これで、今年度の定植作業はすべて終了。

 夕方は雪虫の大量発生。したがって、初雪ももう間近。

yukimusi.jpg
posted by Yusaku at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

菊の株入れ

20071011-1.jpg 20071011-2.jpg


 来年に向けて菊の株入れが始まった。
 
 今年の切り株を掘り上げて、越冬ハウスに伏せ込む。
 そこから冬至芽が出てきたものをいったんカットし、再度伸長してくるものを来年の挿し穂として使用する。

 来週初めまでかかりそう。

 こちらは週末雪の予報もちらほら。
 では、明日のIFEX、楽しみにしています。
posted by Yusaku at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

菊の出荷終了

 彼岸の入りの本日をもって、菊の出荷が終了した。

 全体的な出荷量が少ないため、単価は高めで推移していったが、この時期の出荷はなかなか難しい。抑制しきれずに早期開花してしまう。
 来年はこの時期の作付は行わず、盆に集中する予定である。
posted by Yusaku at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

出荷最盛期

070730.jpg

 岩の白扇の開花がピークを迎えている。こういった日に限って何かと予定が入るものだ。

 花切り作業があってわたしは行けなかったが、今日も農協担当者のS君がが市場へ睨みを利かしに行ってきた。その効果のほどは?
posted by Yusaku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

や、安い!

070727-1.jpg

 菊のあまりの安さに、組合長と農協の担当者二人の計四人で市場に行ってきた。

 菊の入荷量は北海道、東北の前進開花のため多く、物日前ということもあり、単価低迷しているということであった。しかし、本州ものはそれほど増えているわけではなく、本格入荷は週明けということであった。
 ということは来週、再来週になっても入荷量は減るわけではないので(北海道のものは減るけど)、単価を期待できない。ということになるのか?(担当者ははっきりとは言わなかったが・・・というより言えないよなー)
 それでも、「来週末からは盆需要が動き出すので、ちょっとはましになりそうだ。」とは言っていた。気休めにね。

 それでも、量販からの注文が入ったのは朗報だ。1日から10日まで相対を組んだ。


070727-2.jpg

 セリ台の前で睨みつけるように見ていたからか、それともセリ前にゴネたためか、頑張って売ってくれたおかげで水曜に比べれば大幅単価アップだ。
 とはいえ、例年の単価にはほど遠いものだ。
 酷いー悪いーやや悪いーふつうーやや良いー良いー凄い
てな具合に単価を示せば、「酷い」が「悪い」になったというところか。コリャ、毎回セリを見に行かなきゃだめかな?

 菊ばかりでなくユリの値段も酷かった。元手がかかっている分、菊より悲惨な状況だ。


070727-3.jpg

 月形に帰ると、集荷場で農協の職員の方々が、夏祭りでのアンケート回答者への配布用花束を作成中だった。われわれのためにありがとうございます。
posted by Yusaku at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

輪菊町内視察

070720.jpg

 今日は札幌の市場(札幌花き園芸)と農協、輪菊(岩の白扇)生産者で岩の白扇の町内視察を行いました。
 輪菊の生産者といっても、今は4軒しかいないため、全生産者宅を巡回し各軒の生育状況を把握しました。

 暖冬の影響か6月の高温が響いているためか理由ははっきりしませんが、総じて全般に開花が早く、お盆前にはすっかり片が付きそうなハウスが目立ちました。

 向こう一ヶ月の予報では、猛暑の予想から一転、冷夏の可能性も示唆されており、本州産地からも順調に出荷されそうなので単価は期待できそうにありません。特別に高値を期待していませんが、暴落だけは避けたいものです。
posted by Yusaku at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

輪菊初出荷!

070717.jpg

 輪菊の「岩の白扇」を今シーズン初出荷しました。
 例年より10日ほど早い出荷ですが、生産者の中では一番遅い出荷始めのようです。これから盆に向けて動き始めます。

 今週はイオン三笠店で切花展示。来週は北海道切花品評会と「つきがた夏祭り」での切花展示・販売会。
 今月は何かと忙しそうです。
posted by Yusaku at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

菊の花切り開始

070713.jpg 070713-2.jpg

 例年より10日以上早く菊の花切りが始まった。とはいえ、まだハシリなので出荷は来週からになりそうだ。
 菊は苗作りを自分で行うため、北海道では低温の影響が大きく作用し、幼若性が強く発揮される。そのため同じ時期に植えた本州産の苗と比べても開花時期は異なる。
 今年は雪解けが早く、定植も早く行えたこと。冬の期間が比較的暖かかったため幼若性の獲得が不完全であったこと。6月の高温も影響していると思われるが、エスレル処理を行わなかったことが一番の原因である。
 例年、幼若性がなかなか切れず、開花が需要期を過ぎ気味になっていた。そこで、盆前に切り上がることを目標に栽培を行った。

 今年は通常の直挿し苗と昨年の切り下株を仕立てたものを作っているので、開花はややばらつくが、8月上旬にピークを迎え、盆前には完全に終了しそうである。
posted by Yusaku at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

芽整理

070704-1.jpg 070704-2.jpg

 9月出荷予定の菊の芽整理を行った。(左が整理前、右が整理後)
 頂芽を摘むと下の葉の腋から芽が出てくる。それを2本に整理した。この後も下からわき芽が吹いてくるので、時期を見て再度整理する。

posted by Yusaku at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

菊の土寄せ

070702-1.jpg 070702-2.jpg

 9月出荷予定の輪菊の土寄せを行いました。土寄せを行うことで発根部位が増加するため根張りがよくなり、生長が活発化します。樹勢が弱ってくると電照していても花芽を持ちたがるので、それを防ぐのが目的です。
 さらに、草を抑えることと、芽の下部の茎に土寄せすることで、株全体が安定するのもメリットです。

070702-3.jpg 070702-4.jpg

 裏の土手の草刈りが終わってきれいになりました。
posted by Yusaku at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。