Mac de 農業: メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)

2009年05月22日

メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)開花

20090522.jpg

 今年のメコノプシスの初物が開花しました。
 第一号は写真撮影用に廻りますが、来週あたりから出荷もできそうです。

2009年02月10日

仕事始め(メコノプシス播種)

20090210-2.jpg

 冬のラナンキュラスの栽培を止めたため、年明け後も生産組合の仕事の他はほとんど簿記の勉強に費やしていました。
 相変わらず、雪はほとんど降らず60〜70cm位の積雪量でしかありません。
 これだけ少ないと、夏場の水不足が心配です。月形にもダムがありますが、雪融け水が頼りなだけに、冬は厄介者でありながら夏場には必要なものです。

20090210.jpg

 今日、今年の花の初仕事、メコノプシスの種まきを行いました。30gの種子をガーデンパンに30枚ほど、昨年は厚播きしすぎて後々が大変だったので、今年は播種密度を半分にしました。
 今までは除雪だけがハウス関連の仕事でしたが、これからはきちんとハウスの温度管理をすることになります。

2008年06月05日

メコノプシス出荷

20080605.jpg 20080605-2.jpg

 ようやく数がまとまったので、今日、メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)を出荷しました。
 数は少ないですが、徐々に増えていきます。

2008年06月01日

メコノプシス開花しました!

20080601.jpg

 ガクが割れ始めてから2日目でようやくメコノプシスが開花しました。

 朝はまだガクは付いたままでしたが、やがてガクが落ちて花が開き始めました。
 雨露に当たって気持ちよさそうです。

2008年05月30日

もうすぐ咲きます!

20080530.jpg

 メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)が明日あたり咲きそうです。

2008年05月27日

メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)生育状況

20080526.jpg

 メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)の蕾が大きくなりました。
 今週末か来週中には開花が始まりそうです。

 これは昨年初めに播種したものです。

2008年04月23日

暑さと乾燥対策

20080423.jpg メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)の葉も順調に生育してきたが、ここのところの季節外れの高温と乾燥に不安が出てきた。


20080423-2.jpg 20080423-1.jpg


 そこで、毎年使っているクールミスト(現在の商品名ミストエース)を設置した。
 霧状に水が噴き出して、気温を下げると同時に、メコノプシスの葉水代わりにもなり、一石二鳥の効果だ。メーカー側では花は濡れずに気温だけ下げるというのが売りのようだが、家ではわざと葉が濡れるようにやっている。
 
 明日は暑さも一段落で、雨の予報も見られる。埃っぽかった圃場も何とか潤ってくれるだろうか・・・


2008年04月04日

メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)生育経過

20080404.jpg

 雪融けが進み、昨年定植して雪の下で越冬していたメコノプシスの株が現れてきた。
 まだ全容は分からないが、今年こそは出荷にこぎ着けられるだろうか。
 開花の予定は6月上中旬。

2007年10月23日

メコノプシス種子発注

20071023.jpg
 種苗会社にメコノプシスの種子を発注した。

 昨日ネットで在庫を確認したが、在庫僅少のためオンラインでは注文できなかった。メールで在庫を確認すると、早速見積のFAXが届いた。

 取りあえずの在庫はないらしく、今年産の種子を11月か12月に発送予定になっていた。クレジットカードの番号をFAXし注文が完了。

 インターネットが開通してからは久しぶりの国際電話(FAX)だった。
 それにしても、マイラインになってからは新たな登録や余計な番号を打たなくても良くなり、数年前から見ると大部便利になった。

 ただ、セキュリティの面で、メールでの注文は受け付けてはくれず、WebのオンラインかFAXまたは郵送によってである。
 安心・安全にはまだまだアナログ通信は欠かせない技術と言うことか。

2007年06月27日

花弁が3枚しか・・・

070627meco.jpg

 メコノプシスが開いた。昨日はよくわからなかったが、よく見てみると花弁が3枚しかない。
 4枚〜6枚が普通なんだけど3枚は初めてだ。遺伝的にも固定されているわけではないので、色々なのが出てくるようだ。

2007年06月26日

ようやく3輪目の開花

070626meco.jpg

 6月下旬になって、やっとメコノプシスが3輪目の開花をした。それも最初に咲いた株から別の花芽が上がってきて咲いたものだ。今回の花は色も濃い青色で見事だ。まだ花弁が十分に開いていないので、中を見ることができない。
 他の株も葉は十分大きくなってきているのだが、花芽が見当たらない。今年のものにはならないのか?

2007年06月09日

咲いたけど・・・

070609.jpg

 期待していたものより色は薄く、やや紫がかってました。丈も30〜40センチ程度と短かった。
 株によっても色はまちまちなので、次に期待します。でも次はしばらく後になりそう。

2007年06月05日

開花間近

070605meco.jpg

 明日あたり咲きそうです。
 こうご期待!

2007年05月25日

メコノプシス発雷

070525.jpg
 といっても、無理矢理葉の中をのぞき見したんですけど・・・
 写真でもわかりにくいですが、真ん中の硬そうな葉が蕾の先端です。今月中に花を見るのは、無理か?

2007年03月15日

メコノプシス生育順調

070315meco2.jpg 070315meco1.jpg

 昨年秋に掘り上げて11月に鉢上げしていた株(写真左)は、一度地上部がすべて枯れ上がりましたが、2月上旬頃より葉の抽出が見られるようになりました。写真のものが一番生育の進んでいるものです。

 また、2月に播種した新苗(写真右)は一月ほど経ってようやく出芽にいたりました。通常なら3週間ほどで出芽していましたが、温度管理がやや低すぎたようで、この時期まで遅れてしまいました。

 積雪は先週までは80cmまでに減っていたのですが、一昨日の吹雪で一気に110cmまで戻ってしまいました。これでは例年と変わらないような・・・これからどうなることやら。
070314.jpg

2007年02月20日

メコノプシスのポット管理

070220meco.jpg
 昨年秋に掘り上げて、11月に鉢上げしていたメコノプシスを見てみたら、芽が出ていました。大部ほったらかしにしていたため、草が生えていたので、草取りをしました。
 元々株が小さかったので、花まで見られるかどうかわかりませんが、取りあえず無事のようです。

 また、今日は本来出荷はないのですが、昨日ラナンキュラスの注文が入ったので、市場まで自分で運びました。
<本日の出荷>
ラナンキュラス
 6色ミックス 3箱
 5色ミックス 5箱
 赤 2箱
 ピンク 2箱
 白 2箱
 オレンジ 1箱
 合計 15箱

 それから今日は農業共済組合の臨時総代会があり、そこで積雪と雪解けの関係の表をもらいました。
 それによると、現在の岩見沢の積雪は63cmなのでこのまま推移すれば予想融雪期は3月28日とのことです。融雪剤を撒けばさらに1週間ほど早まるので、これから雪が降らずに順調にいけばかなり早い融雪になりそうです。
 月形は今の積雪は115cmなので、岩見沢に比べればかなり多いですが、こちらも例年に比べてかなり少雪なので、早い雪解けに期待大です。

2007年02月04日

メコノプシス播種

070204.jpg 070203.jpg

 2月に入り、早速メコノプシスの播種を行った。昨年は3月になってしまい十分な苗が出来なかったことから、今年は2月の播種にした。
 2月とはいえ日が照ると日中は結構高温になるので、温度管理には注意が必要だ。

 今年に入って初の日曜出荷を行った。
 明日は札幌のかでる2・7で花セミナーが開かれる。

<今日の出荷>
ラナンキュラス
 6色ミックス 2箱
 5色ミックス 1箱
 4色ミックス 1箱
 3色ミックス 2箱
 オレンジ 1箱
 白 1箱
 合計 8箱

2007年01月13日

メコノプシス種子

070113.jpg
 今日は比較的穏やかな天気。降雪はあったが積雪量は減っていた。気温は低く、最高気温でも氷点下3度ほど。積雪深は92cm。

070113meco.jpg
 昨日のスカビオサ・ブルーに続き、メコノプシスの種子が今日届いた。いつもの種苗会社では売り切れになっていたので、今回は別の会社に注文した。
 播種は来月の予定。

2006年11月10日

取りあえず、鉢上げしてみた。

061110meco.jpg

 今年のメコノプシスの出来は良くないらしい。暑さだけでなくうどんこ病の発生で、全滅に近い大打撃を受けているところもあるようだ。

 もちろん我が家のメコノプシスも出来は良くはないが、全滅は免れた。

 先日掘り上げて冷蔵庫に入れていた株を少し選り分けて、小さいものをポットに上げてみた。ビニルハウスに入れることでもう少し、生育が進んでくれることを期待している。

 天気予報では日曜日は大荒れとのこと。ようやく初雪か?

2006年11月01日

メコノプシス掘り上げ

061101.jpg

 霜も降り、生長もほぼ止まったためメコノプシスの株を掘り上げました。今年はなんとかいくつかの株が夏越しすることができました。でも、例年よりも株の大きさは小さめなので、どの程度来年の開花に繋がるかはまだまだ見守る必要があります。
 
 このまま冷蔵庫で越冬させ、来春、開花に向け再度定植します。それまで、お休みなさい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。