Mac de 農業: その他の話題

2009年03月07日

日商簿記2級合格しました。

 2月の下旬に受験した日商簿記2級に合格しました。
 発表を見てみると、今までに比べて合格率が高かったようです。
 
 今後もせっかく得た知識を忘れないために、1級へと進んでいくことにしました。
 しかし、これから農業シーズンへと突入していくので、今までのようには勉強できないと思います。テキストは2級の3倍に増えているし・・・
 まあ地道にやっていきます。

20090307.jpg

posted by Yusaku at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

地獄谷

20090227-1.jpg

 先月の27日、北海道花き生産連合会の総会出席のため登別に行ってきた翌日、早起きして地獄谷を見てきました。

20090227-6.jpg

 革靴のため足下が滑る中進んでいくと、小さい間欠泉がありました。
20090227-2.jpg 20090227-3.jpg
 
 行ってみると、ちょうど吹き出し始めたところで、30cmほどの噴出が2分ほど続きました。

 温泉街に戻ってみると、中心部にも間欠泉がありました。
20090227-4.jpg 20090227-5.jpg


 こちらは先ほどのものよりも、規模は大きく8mまで吹き上げるようですが、3時間に1回の噴出と言うことで、今回は拝めませんでした。
 ちょっとした社会科見学でした。
posted by Yusaku at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

簿記試験受けてきました。

 受験生になる決心をしてから2ヶ月足らず、今日はその日商簿記2級の試験日でした。
 13時30分からの試験だったので、昼食を取った後岩見沢まで出かけてきました。

20090222.jpg

 試験会場に入ると、高校生がたくさんいて、
 「あ、こんにちわ」と挨拶されました。
 どうやら、試験官と勘違いされていたようです。
「私も、受験生ですよ」と答えると、一同大笑い!

 年が離れすぎているので、間違えるのも無理はないでしょうが・・・

 で、肝心の試験の方ですが、試験というもの自体が久し振りと言うことで、なかなか刺激的でした。こういう緊張感は、結構良いものです。
 合格していれば尚良いですけどね。

 さあ、花の仕事に本腰を入れるとしましょう!
posted by Yusaku at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

撮影取材が来ました!

20090211.jpg

 (社)北海道農業担い手育成センターがこの度、新規就農相談会場にて流すビデオ作成を行うことになり、我が家が対象農家になりました。
 内容は、新規就農者の状況を知らせることを目的に、昨年の8月から菊やスカビオサ、スキゾスティリスといった切花作業や撰花作業、妻の議会活動を撮影、取材されました。

 今回は家族の団らんがテーマで、全員で昼食を取り和んでいる様子を撮りたいので、普段通りにお願いしますとのこと。

 昨日は、今日の昼食を何にするかを家族会議。滅多に食べないようなものだと、いかにもよそ行きって感じだし、かといってあまりさもしい食事風景では恥ずかしいし・・・・結局はオムライスになりました。
20090211-2.jpg

 でも、普段通りって、家族の食事の風景を他人にさらすことは無いですし、まして変な会話もできないから、黙々と食事するだけになってしまいました。

 テレビで芸能人がものを食べて「旨い!」とか言ってるのって、どう考えても嘘だよな!と思ってしまいました。本当に旨いのかも知れませんが、食事が旨いかどうかなんて、あの状況下ではわかりません。とにかく集中できないんですよね。

 次回は、雪融け後の作業風景を取材してすべてが完了らしいです。
posted by Yusaku at 13:49| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

わたしも受験生になりました。

20090107.jpg

 今年の我が家は受験モード。
 中学3年生の長女が高校受験である。とはいえ、何とものんきな受験生なのであるが、冬休みに入ってそれなりに勉強しているようだ。
 小学生の長男も冬休みの宿題を仕方なしにせよやっているし、妻は議会関係の仕事で書き物に忙しい。

 ところが、冬の出荷もなく、雪も降らないから除雪の仕事もないわたしは、ただの暇人である。
 これではいけないと、年末に見つけたエントリーに触発されて、私も挑戦してみることに。

 簿記の試験は北海道に来る前に3級は取得していた。
 実は、こちらに来てから2級も取ろうと決心したことがあったのだが、忙しさにかまけて挫折していた。
 今回はその時のテキストや問題集を引っ張り出してきて再挑戦。

 さすがに、3週間でとはいかないが、日々睡魔と格闘しながらお勉強中である。
 試験日は2月22日。本日、受験料を払い込んで受験票をGetしてきた。

 果たして、受験にまでこぎ着けられるのか・・・まずはそれが問題。
 そして、結果は・・・もちろん教えません。
posted by Yusaku at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

書き初め

あけましておめでとうございます。

 天気も穏やかで、家族揃って静かなお正月を過ごしています。
いつもの正月といえば、子ども達は祖父母の元へ帰省してしまって夫婦二人で過ごしていました。今年は久し振りに全員が揃った三が日ということで、書き初めをやりました。

20090102-2.jpg

 今の小中学校では書写の時間でも墨を擦るということをやらずに、墨汁を使うらしく、墨は新品同然。硯もプラスチック製で、どうやって擦ったものやら。
 昔は墨汁を使ったら、怒られたものですけど・・・
 これは、「書写」と「書道」の違いなんでしょうか。
 まずは、書道の原点に返り、墨を擦ることから。

 それにしても、筆で字を書くのは実に25年振り。

20090102.jpg

「今年の抱負」と題して、それぞれが筆を取りました。中にはどこが豊富なのか分からないものもありますが・・・

 集中して書くと、かなりへとへとになりました。
 ともあれ、新たな一年のスタートです。

20090102-1.jpg

posted by Yusaku at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

これは?

20081115.jpg
 この時期でもまだ青々しています。

20081115-2.jpg
 抜いてみると、大根か蕪のようです。

20081115-3.jpg
 切ってみたらとても筋張っていて、年輪のような縞模様が・・・
 食べてみるととても甘い。糖度を測ってみると、19度もありました。スイカの糖度が10度くらいですから、かなり糖度が高いことが分かります。


 正解は・・・・


 ビート(甜菜)です。
 ビートはアカザ科に属する砂糖の原料になる植物で、世界の砂糖の30%、日本でも25%がビート由来です。
 ただし、もう一つの砂糖の原料であるサトウキビの生産量は日本では少ないので、日本の砂糖生産の75%はビートから作られています。
 主産地は北海道です。北海道といっても、主要な産地は十勝などの道東方面で、月形では栽培は見られません。

 蛇足ですが、ビートは生で食べるものではなく、そのままで食用にするものでもありません。砂糖の作り方については日本甜菜製糖のサイトで。
posted by Yusaku at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

最も重要なことから始めよ

久し振りにドラッカーを読み返していたら、優先順位決定の法則があった。

(1)過去ではなく未来を選べ。
(2)問題ではなく機会に焦点を合わせよ。
(3)横並びではなく独自に方向を決めよ。
(4)無難で容易なものではなく、変革をもたらすものに照準を高く合わせよ。

(経営者の条件 P.F.ドラッカー)
posted by Yusaku at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

アイディアを形にする技術

月形町の柳彰憲さんの作品

ゴジラのたまご」といい、今回のピラミッドスイカといい、アイディアを商品化する力には脱帽です。

このような人物が近くにいるというのも誇りです。
posted by Yusaku at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

恋の季節?

20080709-1.jpg 20080709-2.jpg

 すっかり我が圃場に居着いてしまったエゾユキウサギだが、今朝、二兎でじゃれ合っているのを目撃した。(右側が居着いているウサギ)

 普段はぼけた感じで、あたりをウロウロしているのだが、珍しく機敏に駆け回っていた。こんな時期に繁殖するのかは分からないが、仲間と一緒にいるのはうれしいようだ。
 しかし、日が高くなるとまた元どおりの独身生活。
 外からやってくるのはオスだろうから、うちにいるのはメスなのかな?

 花の食害は取りあえず無いようだが、逃げる際に菊をなぎ倒したり、そこいらで糞をしたりと、やってくれている。
 子ども何ぞ生まれたら、どうなるのだろう。
posted by Yusaku at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

我が家のペット!?

20080527.jpg
 飼っているわけではないのだが、菊のハウスにエゾユキウサギがやって来ている。冬の間、雪の中に棲みついていたものよりも小さいので、まだ子どものようだ。
 初めは露地の草の中に居たのだが、作業に追われてハウスの中に入ってきた。
 ビニルの開け閉めの度に、右往左往しているのが微笑ましい。
posted by Yusaku at 19:30| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

町内会の花見

20080520-1.jpg 20080520-2.jpg

 先週の土曜日は町内会で花見が行われた。
 花見と言っても桜はとうの昔に散っているので、焼き肉パーティーをこう称しているに過ぎない。

 月形町全体がそうであるように、町内会も高齢化率は高い。ほぼ8割が60歳以上だ。子どもは数人いるだけ、20歳代は皆無ではないだろうか。逆ピラミッドならぬ、ワイングラス型の構成だ。

 これだけ世代が幅広いと、日常の接点はなかなか作れないので、新年会とこの花見が町内会の重要な顔合わせ行事であることは言うまでもない。
posted by Yusaku at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

5月5日 こどもの日

20080505-1.jpg

 地元の溝口菓子舗のかしわ餅。柔らかい餅の中にミソ餡。これだけは毎年欠かせません。


20080505-2.jpg 20080505-3.jpg

 一昨日は家族でバーベキュー。
 特製の七輪台は近所の建具屋さんお手製。

posted by Yusaku at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

4月も終わり

20080430-1.jpg 20080430-2.jpg


 4月最後の日。あちこちでエゾエンゴサクの花が咲き乱れている。
 ケシ科の多年草で地下には球根を付け、毎年この時期に開花する。青色が代表的だが、紫色や白色も見られる。茹でて食用にもなるらしい。


20080430-3.jpg 20080430-4.jpg


 近所の草地はマガンの食害で新芽が食われ黄色く変色していた。辺りにはフンが大量に転がっていた。
 宮島沼の野鳥保護により野鳥は増えつつあるが、近辺の農作物は春先になると被害が出る。いつもの年ならムギが標的になるが、今年はなぜか草地に矛先が向かった。


20080430-5.jpg

 雪捨て場の雪もあとわずか・・・


posted by Yusaku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

エゾユキウサギによる食害

20080410.jpg 20080410-1.jpg


 冬の間、ハウス周りを駆け回っていたエゾユキウサギだが、雪が融けてみると、食害を与えていることが分かった。
 写真は、隣の家のサクランボの木だが、外側の樹皮から師部に当たる部分がきれいに食べられている。
 師部は光合成により作られた養分を全身に運搬する道路であるから、これが寸断されてしまうとその木は絶えてしまうことになる。

 まだ、植えてから数年しか経って居らず、やっと今年辺りから収穫できるかと楽しみにしていたらしいので、とても残念がっていた。
 他の木は冬囲いを施していたが、この木は今まで被害に遭っていないので、何も対策してなかったそうだ。
 モミジなど他の木には一切口を付けていないので、この木がよほど美味かったということなのか・・・・

 ウサギにとって見れば、厳しい冬を生き抜くための当たり前の行動だが、人と共生するには、人が対策を取ってやらねばならないようだ。


20080410-2.jpg

 株元には糞がたくさん。


posted by Yusaku at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

ハクチョウ・マガンの飛来地

20080407-1.jpg 20080407-2.jpg

 月形町の隣、美唄市の宮島沼はラムサール条約にも登録された湿地です。
 毎年春と秋になると北と南へ向かうマガンやハクチョウの飛来地になります。

 夜間はキツネなどの外敵から身を守るために沼に戻りますが、昼間は落ちた籾を食しに田んぼへやって来ます。
 彼らは水鳥のため、田んぼに雪融け水があるうちでないと、餌をついばむことができません。水のあるところを狙ってやって来て、水が引くとまた違う場所に移動して行きます。

 今年は雪融けも早かったため、早くから飛来していたようでが、その分、田んぼの水も早くに無くなりそうで、もうじき北の地へと旅立っていくことでしょう。
posted by Yusaku at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

雪切り始まる

20080320.jpg

 町内の雪捨て場の雪切りが始まりました。
 雪捨て場は河川敷にあるので、いつまでも雪を堆積させておくと洪水を引き起こしかねません。そこで、ブルドーザーで拡げて表面積を大きくすることで融雪を促します。

 今日は春分の日。ひとづずつ春に向けた作業が進んでいきます。
posted by Yusaku at 17:44| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

風力発電の可能性

 さくら、さくら、さくら。さんから風力発電についてのコメントを頂きました。

 >今日は又前から頼んでいた、風力発電のゼファーのカタログが届きました。小さな風で電気が起こせる工夫が紹介されていました。 ゼファー株式会社


 風力発電は確かにクリーンなエネルギーだということは誰しも認めるところですが、しかしどうも宣伝通りには上手くは行かないようです。

 詳しいことは「家庭用風力発電(市民のための環境学ガイド)」に書かれています。

 風力発電の発電の源はもちろん風です。ですから風のないところでは発電はできません。
 この風力発電機の資料がみつからないのですが、「家庭用風力発電(市民のための環境学ガイド)」から引いてみれば、定格出力1kWの時の風速は12.5m/秒となっています。平地でこれだけの風速が平均して得られるのは台風の時くらいでしょう。
 風力発電の出力は風速の三乗に比例するそうです。ですから、風速が2倍になれば、出力は8倍になります。逆に言えば、風速が半分になれば、出力は8分の1になってしまいます。そよ風程度ではまったく発電は期待できないでしょう。
 それに、風速が強ければ強いほど出力が高まるわけではなく、ある程度の強さになったら、発電機の保護や騒音防止の意味から、風を逃がす必要があるので、出力にも限界があるようです。

 ですから設置する場所をきちんと選ばないと、単なる飾りで終わってしまいます。高価な投資をしても元を取るのに何十年と掛かるばかりか、元すら取れないことも有り得ます。
 http://www.tronc.co.jp/pdfweb/fuukyo8pc0.pdf に全国の風速マップがありますが、これを見れば、適地は山の上か海沿いの限られたところということになるでしょう。少なくとも平地では難しいように思えます。

 まずは自分の場所でどのくらいの風が吹いてどの程度の電力を起こせるのか、シミュレーションしてみることが大切です。

posted by Yusaku at 22:13| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

謎の穴を発見!

20080302.jpg ビニルハウスのパイプ沿いに直径20cm程の穴を息子が発見。
 ざっとみたところ50cm以上深さはあるようだ。



20080302-2.jpg 穴からは足跡が・・・。
 後を付けていくと・・・






お!発見!!







20080302-3.jpg これって・・・・?



060518.jpg こいつか・・・・?




 「エゾユキウサギ」


20080302-4.jpg

 この時は雪が降ったばかりで、足跡がくっきり残ってしまう。
 近くで見ようと追いかけていったら、必死に逃げていった。
 ごめん、また、戻ってきてくれるかな?



posted by Yusaku at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

ソリ遊び

20080210.jpg

 ここ数日は日中の天気も良く、また朝は冷え込んでいたので、雪が締まって上を歩けるほどになってきた。

 今日は、畑の裏にある土手で長男とソリ遊びをした。
 普段は花を運ぶのに使っているジャンボソリだが、年に数回は本来の役割に戻る。何度か滑る内にコースが出来上がって、どんどん速度が出るようになる。下まで滑れば50m程になるので、登りは結構辛い。冬の間に鈍った体にはちょうどいい運動になった。

 明日もせっつかれているのだが、どうしようか・・・
posted by Yusaku at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。